カスタマイズしながら仮運営中

巨大爪とぎ投入

私の身体でのみ爪とぎをしていた景虎さんだが、最近になってキャットタワーの柱でもするのを見かけるようになった。

設置から約9か月経っており、何故今のタイミングなのかはわからない。

カメラを向けるとやめてしまうのでこっそり撮影

丁度運動のために木登りタワーを物色していたので、爪とぎをするようになったことだしと木登りのお試しも兼ねて高さ122㎝の特大爪とぎを買ってみた。

この組み立てがかなり大変だった。

土台にボルトで柱を立てるだけという複数人いればものの3分で完成しそうな簡単な作りなのだが、土台の板が二つ折りになっているため一人で抑えてボルトを回す作業がどうしてもうまくいかない。

匂いはそれほどなし

ずれた柱がこすれて流血するわ、結構重いわで「もしかして史上最難関かも!?」と叫んでしまった。

結局板を留めて一枚にして逆さにすることで何とか一人でも組み立てることができた。

重いのを必死で支えているのに乗っかってくる猫

”二人以上で組み立ててください”と注意書きがあっても大体何とかなってきたが、今回は正に二人以上必要な代物だった。

家具はできるだけ完成品を買うようにしていたが、猫関係はほぼ組み立てが必要なので一人者にはきつい・・。

有料組み立てサービスがあれば良いのに。

もっと高齢女性一人暮らしの猫飼いさんもたくさんいそうだしニーズはあるのではないだろうか。

しかし苦労した甲斐はあり、景虎さんは早速興味を示して登って遊んでくれた。

想定ではバリバリと爪を立てて一番下から登るはずだったが、ハンモックを経由して飛び乗って頂上に行くので思っていたのとは違う使い方になってしまった。

直径20㎝の極太爪とぎなのでしっかりと頂上でくつろげる。

見返り猫

ぶら下がっていたネズミのおもちゃは瞬殺だった。

ぐいーと引っ張ってハイ終了

まあ体に悪そうなネズミだったので生き残っていても外したと思う。

綿縄タイプを選択

窓際や部屋の中央などを経て押し入れ近くに置いたことで天袋へ行き来できるようになった。

もっと高い足場が必要だと思い何を置くかずっと悩んでいたが、さすが猫の跳躍で数十㎝の昇り降りなど簡単らしい。

届くほど高い足場よりもかえって運動量が上がって良いかもしれないと期待している。


blog ranking

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる